買うぞ!(槇原敬之「Heart to Heart」)


Heart to Heart(初回生産限定盤)(DVD付)
Buppu Label
2011-07-27
槇原敬之

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Heart to Heart(初回生産限定盤)(DVD付) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



アルバムの歌を作った思いが載ってます。
http://www.amazon.co.jp/%E6%A7%87%E5%8E%9F%E6%95%AC%E4%B9%8B/e/B000AR9FD6


1.二つのハート
--------------------------------------------------------------------------------
人生楽しいことばかりではなく、入院してしまい大変な毎日を送っている方もたくさんいるんじゃないかと思います。その病気の痛みや辛さは、そのご本人が一番良く知っていると思いますが、その傍でどうすることもできないけれど、何とか力になりたいと思って看病をしている家族も結構辛い思いをしているのではないでしょうか。
でもそんな中でも一生懸命看病して、お互いに良くなろうと頑張っている人達の姿を描きたくて「二つのハート」を書きました。この曲を作っている時には「Heart to Heart」というアルバムタイトルは決まっていなかったのですが、この曲が出来上がった時に「もうあきらかにこのタイトルだろう!」ということになって。アルバムタイトル「Heart to Heart」に決まるきっかけになった曲です。


2.Jewel In Our Hearts(Japanese Ver.)
--------------------------------------------------------------------------------
この曲の主人公の二人は、大雨にあってせっかくきめた髪型も買ったばかりの洋服もビショビショになったけれど、自分たちには悪いところは良くしていこうという雨にも流されないずっと輝き続ける宝石のような素直な気持ちを持っている事に気付くんです。
この曲はバックストリートボーイズのニックカーターさんに書いた曲なんですが、彼は今落ち着いた真の恋愛をしていると聞き、人間というのは本当に大切なものに気付くと今まで想像していた以上に幸せを超えるものなんだろうと思います。みなさんの心の中にも宝石があればいいなと思ってこの曲を作りました。


3.犬はアイスが大好きだ
--------------------------------------------------------------------------------
うちの犬は本当にアイスクリームが大好きで、呆れるなと思うと同時に、僕がいくらバレないようにアイスを持って来ても気付いたらもう並んで待っているその姿にあやかりたいと思ってそれをそのまま歌にしました(笑)
呆れながらもやっぱり1人でアイスを食べている時よりも、犬と一緒に食べている時の方が美味しいし、分け合っている時間も美味しさになるんだってことを感じた、そのことを楽しく歌えればと思って作りました。
今回の震災後、僕はモノにも意識があるように感じていて、独り占めしないで困っている人にも分けようとする人間の優しい気持ちがモノにも伝わっていく気がして、そういうのって分けなかったときよりも凄く良い結果に繋がるんだと思います。槇原敬之リスナーの方たちにはこの歌を通して分け合う喜びを楽しく知ってもらえたら嬉しいです。


4.LUNCH TIME WARS
--------------------------------------------------------------------------------
この曲は、もともと日本テレビの「ヒルナンデス!」という番組が始まるに当たり、書き下ろした曲なんですが、近所のカフェのお姉さんや色んな人に「どんな曲がいいと思う?」と久しぶりに相談しまくって作りました(笑)
ふざけているように見えて、この曲が出来上がったことで後の曲が出来ていきました。それこそ「ナルニア国物語」を見ていて遠慮しちゃダメなんだと思っていた気持ちに拍車がかかって、真面目な表現だけではなく面白い表現の中にも心を軽くするものがあるということも気付かされました。僕にとってこのアルバムの突破口的な曲で、結構気に入ってます(笑)


5.林檎の花
--------------------------------------------------------------------------------
この曲は、奇しくも3月11日にみなさんのもとに無事に届くはずだったシングルでした。今でも地震のニュースを見ると本当に心から悲しいし辛い印象の曲になりそうな感じでしたが、今では逆に、東北の方達と僕がこの曲で繋がっているんだと思えるようになって、だから今はみなさんが元気になるまで、僕は一生懸命曲を書いていくぞと自分のことを叱咤激励してくれてる曲になっています。
自然っていうのは僕達の意思とは関係なく、ちゃんと季節を運んでくれるものだし、大変なことがあったとしてもまたとびきりの春を運んできてくれるかもしれないという期待もその時に感じました。
良いことも悪いこともとらえ方次第では逆の物になってしまう気がするのですが、僕はテレビで震災後の東北の方達の対応を見ていて、本当に頭が下がる思いで一杯でした。僕達はあんなに礼儀正しい状態でいられるだろうかと思った時に、本当に僕達のお手本を示してくれたなと、今だからこそ思えます。
僕にとってこの「林檎の花」というのはまさに人間の気高さを再確認するきっかけの歌になりました。
この場を借りて、東北の方達に感謝と敬意の気持ちを込めてこれからも歌っていきたいと思います。



6.Appreciation
--------------------------------------------------------------------------------
失ったものの大きさが、普段自分たちが感謝できていない心が現れているとしたら、「感謝する」という行動にはすごい力があると思うんです。「当たり前に思わないこと」ということがどれだけ大事なのかを歌いたかったので書きました。
Appreciationとは感謝という意味があるのですが、「真の価値を知ること」という意味もあるんです。
自分たちが当たり前だと思って使っていたものに真の価値を感じた時に、こんなに僕たちの生活を助けてくれていたんだということに気付いて、今まで無視して悪かったと思うことがAppreciationなんだと思ってます。


7.White Lie
--------------------------------------------------------------------------------
White Lieというのは辞書で調べると、仏教でいうところの「方便」という意味があって、その人のことを本当に正しい方向に導くために、無理矢理でも良い方向に引っ張っていこうとする時につく嘘、それを仏教用語では方便と言います。
震災後、東京にいる僕らでも不自由になったことがたくさんあったので、被災地の事を色々聞くと、自分の心の中に悲しい穴が空いていたのですが、それは何なんだろうなと考えた時に、二度と繰り返さないためにはどうすればいいのかを僕らは考えるべきなんじゃないかと思いました。神様のいたずらという言葉で片付けてしまうと悲しさが残るのですが、これは何かきっと大きなことを僕らに気づかせるための方便なんだと思ったら、僕は未来が明るく感じられたので、みなさんにもそれを感じてもらいたいと思い歌を通して表現してみました。この曲は僕にとって特別な曲です。


8.風は名前を名乗らずに
--------------------------------------------------------------------------------
人は誰かを好きになると相手に色々気を遣うんですが、それがだんだんストレスになってくると、「こんなにあなたのためにしてあげているのに」という気持ちになって、積み上げてきたものが粉々に砕け散ってしまうことがあることはみなさん経験があると思います(笑)
僕も、「なんで人間はたった一言で今の関係をダメにしてしまう事があるんだろう」と悩んでいた時、ふと窓を開けたらとても気持ち良い風が入ってきて一瞬にして僕を笑顔にしたんです。でも、「私があなたを元気にしました!」なんて風は名前を名乗らない、そんな所が凄いなと思いました。
人を笑顔にするためには、自分は何者でもなくてもいいんだということを風が教えてくれた気がします。
自分の好きな人のために、その人が良くなるように何かできる存在になるための風になるって究極の選択だろうなと思い、それを歌にしてみました。


9.軒下のモンスター
--------------------------------------------------------------------------------
人は純粋で誰も傷付けたくないと思うような生き物なので、その葛藤の中で苦しんでいる若者がたくさんいるだろうなと思います。
僕もかつて大阪の高槻市に住みながら色々なことに悩んでいました。例えば誰かの事が好きだということも、誰も傷付けないまま大事に持っておくためにはどうすればいいだろうと悩んだこともたくさんあって。
そういうことで悩んでいる人たちのためにちょっと形の変わったラブソングを書きました。
大切にしているものを、そのままとっておきたいがために自分がモンスターになればいいと思っているような人の気持ちをダンサブルに書きたくなったので、これはライブで盛り上がってくれればいいなと思っています。気に入ってます、この曲!


10.Remember My Name
--------------------------------------------------------------------------------
この曲はもともと中外製薬の広告の為に作った曲なのですが、よく外国の曲に「call my name」という詞があって、「辛い時には私の名前を呼んで」って言うけど、「名前を呼んでも行けないじゃんっ」て思っていたところがあったのですが、最近名前を呼んでその人の顔が浮かんでくるということは、心の中にその人がいて孤独じゃないんだと思って、凄い素敵なことだなと思い、そのことを歌おうと思いました。
誰も私の悲しみを共有してくれるなんて「無理よ」って思っていても、打ち明けただけで意外と心が軽くなったりすることがあるので、そんな気持ちで書きました。自分の中でも特別な曲で、気に入ってます!


11.今日の終わりにありがとうを数えよう
--------------------------------------------------------------------------------
今自分がここにいることは当たり前じゃなくて、全てはプレゼントのようにうやうやしく用意された一日だということを、小さい頃からこの曲を聴きながら育って欲しいと思ったのと、大人が仕事から帰って夜寝る前の一日の最後に聴く曲を作りたかったんです。全て当たり前じゃないと思って寝たら夢にもいいかなと思って(笑)
途中の間奏では、このアルバムが「槇原ランド」であるように、今日一日「あなたランド」があって、「あなたの為に用意された色々な事を数えたら、ディズニーランドにも勝るとも劣らないような凄い世界なんだ」ということを、一日の最後にみなさんに感じてもらいながら、眠りについてもらえればいいなと思って作りました。



楽しみだ~

マッキーありがとう



【送料無料 予約7/27】国CD+DVD> 槇原敬之 / Heart to Heart(DVD付限定盤)
ザ・ショックプライス
※発売日前日発送 ■アーティスト / タイトル 槇原敬之 / Heart to Heart ■ジャン

楽天市場 by 【送料無料 予約7/27】国CD+DVD> 槇原敬之 / Heart to Heart(DVD付限定盤) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


マッキーの動画、サイン色紙プレゼント
http://books.rakuten.co.jp/event/cd/japanese-pop-music/makiharanoriyuki/#shousai

どこでかお~

この記事へのコメント

2011年09月15日 11:10
古い記事にすみません
チラリと覗いてみたら・・・まるさんマッキーファンなんですね!
私も好きなのでなんだか嬉しいです
ライブは数年前一度だけ行ったことがありますが今年のは会場が遠いのでパス・・・
またマッキー記事アップしてくださいね~
2011年09月15日 14:57
R35さん、こんにちは!
コメントありがとうございます
そうなんです。マッキーファンなんです
R35さんも好きと言っていただけてとっても嬉しいです
マッキーの記事・・・はりきっちゃいますよ

この記事へのトラックバック