年賀状 ありがとう②!(お年玉年賀切手)


可愛い切手

IMGP9756.JPG

みなさんも当りましたか?


お年玉年賀切手

今年は4枚も当りました


嬉しい

年賀状くれたみなさん

ありがとう






南三陸町に

サンオーレ袖浜と荒島パーク

という場所があります。

(現在はまた少し変わっています。)

IMG_20170715_093814.jpg

左にはモアイと海水浴場が

IMG_20170715_100842_BURST001_COVER.jpg

さあモアイはどこでしょう?!

IMG_20170902_162420_BURST001_COVER.jpg

見つかりました?

見つけた人にはきっと良いことがあるでしょう


右には公園、前の島(荒島)には神社があります。

IMG_20170902_162012_BURST001_COVER.jpg



この場所が無事に出来て、ホッとした安堵と喜びがありました。






そしてこの場所を案内した時に


「どーでもいい。興味ないし。」

「(砂浜が)ちっさ(小馬鹿にした感じ)」


と言われたことがありました。



ここを元と同じように

南三陸町長さんが

「この場所は復興はできないと思っていた。」

と話されていました。


この年の夏は雨が1カ月以上続く異常気象でしたが

皆さんの想いと晴男と晴女がいたのかいないのか、いややっぱりいたのか

海開きの時だけ晴れました。


IMG_20170715_091000.jpg


私たちは今までの

元の暮らしに戻れることを望むけれど


以前と同じ生活や場所にすることは

とても難しい。


当たり前にあった生活や風景がなくなって

寂しい思いと喪失感の中で

以前と同じ風景が現れた時に

どんなにホッとして

心のよりどころになるか。


「南三陸町のシンボル タコの遊具にみんな集まる」

IMG_20170715_094140_BURST001_COVER.jpg

この時は人がいっぱいで近づけず

「後日面白遊具タコ全容知る」

IMG_20170902_161937_BURST001_COVER.jpg

赤い羽根共同募金会より

「ダークな空の下で白鉢巻きが映えるタコ遊具さん」設置に至る

 
IMG_20170715_090121_BURST001_COVER.jpg



砂浜を丁寧に整備して砂を入れて芝をはって


自分の住み慣れた場所を離れて、家族とも離れて

「復興」を助けに行ったつもりが

地元の人には必ずしも感謝されない工事も担う中で


以前のままの風景に限りなく戻れるように


地元の人も復興を助けに来た人も

皆さんの想いをのせた寄付なども


ここはたくさんの人の想いがつまった大事な大切な場所です。


IMG_20170715_090117_BURST001_COVER.jpg


お近くに来た際は是非訪れてみて下さい。








そして人の大事な思いを

わざわざ踏みにじってくる悪意のある人を見ると


伊坂幸太郎さんの小説に出てくる

陣内さんの言葉を思い出します。



(中略)とにかく、

「相手の大事なものを蔑ろにするな、ってことだ。」(中略)

「反対に、悪い奴らってのは、その誰かの大事なものを狙ってくるからな。」

(中略)

誰かの大事なものや大事な人を、馬鹿にして、優位に立とうとする。

自尊心や命を削ろうとする。

そういう奴と同じになるなよ。

そいつが誰かに迷惑かけてるならまだしも、そうでないなら、

そいつの大事なものを馬鹿にするな。

(小説「サブマリン」より)





そして馬鹿にしてくるやつには関わるな。

(それは陣内さんは一言も言ってません。注1)



それか馬鹿にしてくるやつにはよりいっそう馬鹿にしてやれ。

(それも陣内さんは言っていません。注2)

(むしろ「同じになるなよ。」と言っています。)



どうか心ない言葉で

皆さんの大事な人の命や自尊心が削られませんように。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック